鎌倉市大船 山口内科 すこやか生活6巻2号

すこやか生活

普段と違うときは要注意

 お子さんは、自分の体の不具合を大人の様に上手に表現できません。そこで、お母さんお父さんは、お子さんの異変に気づいてあげなければなりません。今回はお子さんの病気を中心に、急を要する病気についてまとめてみました。
 一般にお子さんはいつも元気で活力にあふれています。そんな彼らが不機嫌になったり、意味もなくぐずったりするときは要注意です。また、うずくまるようになったり、甲高い声で

泣き続けたり、逆に泣き声が弱々しい時なども重大な病気が潜んでいる可能性があります。また、いつもちゃんと食べているのに全く食べなかったり、ミルクを飲まないときも同様です。このように、いつもと違っているときは、早めに医療機関を訪ねてください。逆に熱が高めでも、元気でいつもと変わらないようなときは、比較的軽い病気のことが多いようです。


急を要するお腹の病気

1)虫垂炎(盲腸)---小腸から大腸へのつなぎ目にある、小指ほどの大きさのポケット状の袋が虫垂です。このポケットは、細長く先が行き止まりなので、いったん便などが詰まって炎症を起こすと、膿がうまく出てこず虫垂炎を起こします。虫垂炎は自然に治ることもありますが、急速に悪化して、お腹の中で破れ腹膜炎を起こすので、昔から命を落とす病気としておそれられてきました。最近は、早期に発見され簡単に手術できるようになったので大病をしたという感覚ではないのでしょうが、放置して破れたりすると今でも大手術になったり、腹膜炎が長引きなかなか熱が下がらず手こずることがあるの

で要注意です。熱があってお腹が痛み、下痢がない場合などは早めに診せてください。
2)そけいヘルニア(脱腸)---足の付け根、陰嚢付近にお腹の中から腸が出てきてしまう病気です。これは胃腸を包んでいる袋(腹膜)が出てこないように袋の口を締めているそけい靱帯などがゆるんでしまい、袋の口から腸が出てくる状態です。腸をお腹の中に押し戻してやればとりあえず落ち着きますが、いったんゆるんだところは元に戻らず再び出てきてしまうため、出口を縫い合わせてふさぐ手術が一般的です。また、ヘルニアは、出てきた腸が出口に挟まって、痛み

(2 ページに続く)

普段と違うときは要注意 急を要するお腹の病気|
つらい呼吸器疾患
| 発疹をきたす子供の病気 | 耳と鼻と目