食事療法の基本

 体に必要なエネルギーはその人の性別、年齢、活動量などによってまちまちです。概ね男性は1400~1800kcal(キロカロリー)、女性は1200~1600kcalが基本です。一日に必要なカロリー摂取量は、標準体重と日常の活動量によって異なります。以下を目安に計算して下さい。

エネルギー摂取量=標準体重×身体活動量

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動量の目安
 軽労作(デスクワークが多い職業)
  25~30kcal/kg標準体重
 普通の労作(立ち仕事が多い職業)
  30~35kcal/kg標準体重
 重い労作(力仕事が多い職業)
  35~kcal/kg標準体重


例)診察室でイスに座って診療をしている53才男性

の医師(身長170cm、体重75kg)
通勤は自動車なので軽労作、普段運動をほとんどしないようなので….
標準体重=1.7×1.7×22=63.58kg(63.6)
エネルギー摂取量=63.6×25=1590kcal
 で、およそ1600kcalとなります。
 このエネルギー摂取量は、一日3食500kcalずつ摂取し、おやつにお煎餅1枚食べるか、ジュースを一杯飲む程度で上限に達します。
一日の摂取カロリーには食事以外、口から入る全ての栄養のある飲食を含めます。ジュースや牛乳、お酒、果物やおやつなども含まれ、別腹という考え方はありません。飲食物のエネルギー量は、本に書かれているほか、ファミレスなどのメニュー、コンビニの弁当やおにぎり、飲み物のパッケージに、ちゃんと記載されています。ダイエット中で、ご自分の食生活を

(4 ページに続く)






糖尿病と言われたら | 糖尿病の診断と糖負荷試験 |
食事療法の基本
境界型糖尿病は放置してよいか|
運動も治療の基本